社会人のための茶の湯文化入門講座
〜楽しいお茶の話(お菓子と抹茶付き)〜

 日本文化のエッセンスとも言える茶の湯について楽しく学びませんか?

 茶の湯は、単にお茶を飲むだけでなく、

 掛け軸・お花・お香・料理・陶磁器・漆器・竹細工・織物・金物など

 多様な文化を含む総合芸術です。

 美味しいお菓子を食べて抹茶を飲みながら歓談しましょう。

 一通り学んだ後は、お茶事(茶の湯の正式なおもてなし)を

 体験することも出来ます。

 全六回の受講を原則としますが、都合の悪い時は

 お休みしていただいてかまいません(その回の受講料は不要です)。

日時

 毎月第二土曜日午後六時~八時

場所

 ISO茶房(京都市北区衣笠北天神森町4-2)
 https://www.iso-sabo.com/
 ※菁々庵では行いませんのでご注意ください

担当

 山口和宏

費用

 一回三千円(受講した日の分を教室でお支払いください)

定員

 五名

服装

 茶室ですがドレスコードはありません。自由な服装でお越し下さい。

持ち物

 懐紙をご用意ください。それ以外は、すべて担当者が用意します。

正座

 挨拶する時とお茶を飲む時だけ正座すれば十分です。

内容
お菓子(主菓子・干菓子)と薄茶二服をいただきながら、担当者からの話と質疑応答・歓談。

第ニ期(二千十九年四月〜九月)

第一回

 四月十三日 きれいな所作でお茶一服(客の作法)

第二回

 五月十一日 お茶を点ててみよう!(美味しく点てるコツ)

第三回

 六月八日 床の間を飾る掛物や花(禅と茶の湯)

第四回

 七月十三日 茶室を彩る美しいお道具(伝統の技)

第五回

 八月十日 茶の湯のこれまで・これから(歴史と未来)

第六回

 九月十四日 茶事・茶会の楽しみ方(客の心得)

お茶事体験・お茶事実習

 九月と十一月の日曜日十一時~十五時。

 場所は未定。この回は一万円。希望者のみ。

 

    お問い合わせ・お申し込みは講座案内ページの最後にある
    「メールで問い合わせる」「LINEで問い合わせる」からお願いします
    (菁々庵全体の「メールで問い合わせる」とは異なりますのでご注意ください)。

お問い合わせ・お申し込み

担当者(山口和宏)までメールまたはLINEで

メールで問い合わせる

LINEで問い合わせる